緑色のくちびる

浮世絵の美人画で、唇が緑色に塗られているのを見たことはありますか?
あれは「笹紅(ささべに)」といって、紅を何度も塗り重ねて現れた色を表現しているそうです。

紅は、何度も重ね塗りするとだんだん赤い光を吸収して反対色の緑色の光を放ち、玉虫色に見えるようになります。紅は大変高価なものだったので、笹紅の化粧をできるのは裕福な女性だけで一種のステータスでした。
この化粧法が現れたのは江戸時代。本来、口紅は薄く付けるのが美しいとされていましたが、江戸で町人文化が花開いた文化・文政期に一時大流行しました。

実際に玉虫色に光るくちびるは、以下の動画で見ることができます。

2014年春夏の流行色

流行色は、国際流行色委員会によって、2年前から決定されます。これを受けて各国の流行色選定組織(日本ではJAFCA:日本流行色協会)が自国向けに流行色を選定します。

2014年の日本では、以下のような色が女性服向けの流行色として制定されました。

テーマ:
“Quest”クエスト/探求、探索”
変化の速度が速い不安定な社会状況の中、2014年春夏カラーは、使いやすく現実感がありながらも、幸せな気持ちになれたり、新鮮な驚きがあったりといった、感性に訴えかける色が求められる。
http://www.jafca.org/colortrend/ladieswear/2014_ss.html

代表的な色の組み合わせ:
生成のような自然なホワイト、ごく淡い色の入った白系の色に、黒かそれに近いダークトーンを指し色として加えたシンプルでモダンな組み合わせ。

ビビッドでカラフルな色の組み合わせ。光の効果でさらに明るく活動的なイメージを演出することが求められるので、光沢のある素材を使用したり、シルバーやゴールドなどのアクセサリーと組み合わせたりするのが流行しそうです。

■PICK UPサイト

エリア別ラーメン名店ガイド

写真から簡単にカラーパレットを作成

写真をアップロードまたはWeb上の写真のURLを指定すると自動的にカラーパレットを生成してくれる「Colors Pallete Generator」をご紹介します。英語のサイトですが、使い方はとても簡単です。

まずは以下のサイトにアクセスします。

Colors Palette Generator
http://www.cssdrive.com/imagepalette/index.php

次にカラーパレットの元にしたい写真をローカルからアップロードするか、画像のURLを指定します。「GET PALETTE」クリックすると、写真に含まれる色を抽出して自動的にカラーパレットが生成されます。
生成されるカラーパレットはライトカラー、ミディアムカラー、ダークカラーの3種類があり、パレットをCSSファイルまたはPhotoshopのスウォッチファイルとしてダウンロードすることもできます。

デザインの雰囲気は色味にも大きく左右されます。イメージを真似したい写真があったら、カラーパレットとして取得してデザインワークに取り入れてみてはどうでしょうか。

■PICK UPサイト

登山を初めたい人へ