写真から簡単にカラーパレットを作成

写真をアップロードまたはWeb上の写真のURLを指定すると自動的にカラーパレットを生成してくれる「Colors Pallete Generator」をご紹介します。英語のサイトですが、使い方はとても簡単です。

まずは以下のサイトにアクセスします。

Colors Palette Generator
http://www.cssdrive.com/imagepalette/index.php

次にカラーパレットの元にしたい写真をローカルからアップロードするか、画像のURLを指定します。「GET PALETTE」クリックすると、写真に含まれる色を抽出して自動的にカラーパレットが生成されます。
生成されるカラーパレットはライトカラー、ミディアムカラー、ダークカラーの3種類があり、パレットをCSSファイルまたはPhotoshopのスウォッチファイルとしてダウンロードすることもできます。

デザインの雰囲気は色味にも大きく左右されます。イメージを真似したい写真があったら、カラーパレットとして取得してデザインワークに取り入れてみてはどうでしょうか。

■PICK UPサイト

登山を初めたい人へ