緑色のくちびる

浮世絵の美人画で、唇が緑色に塗られているのを見たことはありますか?
あれは「笹紅(ささべに)」といって、紅を何度も塗り重ねて現れた色を表現しているそうです。

紅は、何度も重ね塗りするとだんだん赤い光を吸収して反対色の緑色の光を放ち、玉虫色に見えるようになります。紅は大変高価なものだったので、笹紅の化粧をできるのは裕福な女性だけで一種のステータスでした。
この化粧法が現れたのは江戸時代。本来、口紅は薄く付けるのが美しいとされていましたが、江戸で町人文化が花開いた文化・文政期に一時大流行しました。

実際に玉虫色に光るくちびるは、以下の動画で見ることができます。